ニッチな独り言

アメ車、NASCARと愛車のPTクルーザー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノリック

ノリックこと阿部典史が亡くなってから、2週間が経ちました。
最初、姉貴からニュースを聞いたときは本当にびっくりしました。事故現場は、学生時代にバイトしてたファミレスのすぐ目の前で、自分もバイクでしょっちゅう走っていた道です。なんであんなところで、という思いです。
なんだか自宅も実家の2つ隣町にあるそうで、こんなに身近なところにいるとは知りませんでした。亡くなってから知るなんて。

彼のライディングスタイルは背筋を伸ばした独特のスタイルで、カッコよくて好きでした。そしてなによりその衝撃のデビューと、地元の日本GPで2勝しているというスター性が魅力的でした。
1996年の初優勝のときはwowowで生中継やってて、うちは契約してなかったけどBSアンテナはついてたので「あぁそういえば生中継やってたな、ちょっとは見えるかな」と思ってチャンネル合わせたらマルボロカラーのバイクが日の丸しょって走ってるのがスクランブル越しでもわかった(笑)。このネタバレはがっかりでした。1990年のセナプロ接触をレース前にオヤジにバラされた時と同じくらいがっかりでした。

歳も近くて、大学のゼミの友達が中学だかで同級生だったと言っていました。また、レース外で見せる気さくな雰囲気、笑顔も好きでした。ファンとしては加藤大治郎より思い入れは強かったです。
ウィックから発売される1994年と1996年の日本GPのビデオは予約しました。NHK-BSで放送された1999年ブラジルGPと2000年日本GPのビデオは持っているので、ノリックが勝利したレースのビデオは揃えることができそうです。

オーストラリアGPの放送は喪に服すモードでしたね。アナウンサー、解説共黒いスーツでしたし。GP中継の解説もすごくよかったんだけどなぁ。


しっかし、事故直後からブログや掲示板で「ありがとうノリック」という文字が多いですね。AllAboutのメルマガのタイトルも「ありがとう」だったし。

自分はそこまで彼の死を消化できておらず、「ありがとう」と言うのには抵抗感があります。

もう少し、うじうじと悲しみに暮れていたいです。残念です。


そういえばセナが死んだときも「オブリガード」って言葉がたくさん流れていたなぁ。ポルトガル語はこの「ありがとう」しか知らないや。

↓クリックが多いカテゴリはがんばってブログ書きます!
人気ブログランキングへ

テーマ:MotoGP 2007 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/10/22(月) 01:23:32|
  2. MotoGP
  3. | コメント:4

コメント

1999年ブラジルGP

ノリックが一番嬉しかったと言っていた「1999年ブラジルGP」の勝利。
残念ながら見られなかったので、保存版のビデオを持っていらっしゃるとは、とても羨ましいです。
NHKだし、発売も難しいのかな。
できれば「YouTube」か「ニコニコ動画」にアップロードをお願いしたいのですが…。
  1. 2007/10/27(土) 22:49:45 |
  2. URL |
  3. kamemama #O7gNnt6g
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。
ノリック、あの勝利が一番嬉しかったと言っているんですね。最後まで白熱したバトルだったので、私も強く印象に残っています。
解説の山田純さんが「ノリックが勝つレースは面白い!」と言っていたのをよく覚えています。

サイトへの動画UPはやったことがないので、時間がかかると思いますがチャレンジしてみます。
ビデオテープに録画してあるので、まずはそれをデジタルデータに落とすところからしないとなので、年末、時間のある時にやるかもしれないです。
アップしたらメールでご連絡差し上げます。
  1. 2007/10/29(月) 11:24:29 |
  2. URL |
  3. narubi #aAKvMeeI
  4. [ 編集]

有難うございます。そして申し訳ありません。

チャレンジして頂けるなんて、有難うございます。
面倒なことをお願いしてしまい、申し訳ないのですが、気長に待ちますので、よろしくお願いします。

P.S.
あの…「一番嬉しかったと言っていた」って書いてしまってるんですけど、今、調べ直したら、はっきり一番とは言ってない(?)かもしれません。ノリックの公式サイトや「選ばれしGPライダー」の本などを読んで、私が勝手に思い込んだ可能性大です。大変申し訳ございません。
ただ、本の中で「96年の時は、勝つ難しさをそれほど分かっていなかったから、チェッカーを受けても涙は出なくて、ピットに戻ってメカニックの顔を見たら涙が出てきたんですけど、99年はチェッカーを受けて、1コーナーに向かう途中で、もう涙が出てきました。それほど嬉しかったんです。」とノリックが話しています。
それにしても、誤解を招くようなことを書いてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
  1. 2007/10/29(月) 23:12:10 |
  2. URL |
  3. kamemama #4YSwo2Dg
  4. [ 編集]

お返事ありがとうございます。

ノリック追悼特集が組まれている今月号のRIDING SPORTを買いそびれていたので、昨日2軒探してようやく入手しました。
毎月1日発売だとばかり思っていたので、いつも行く本屋ではもう売り切れていました。

ざっと読みましたがノリック本人のコメントは載っていなかったので、書き込んでいただいたような本人の談話は興味深いです。ありがとうございます。

先日実家の古い雑誌を整理していたときに某模型誌が出てきて、250ccチャンピオンを取った直後の原田哲也のインタビューが載っていました。

一通り読んで捨てちゃいましたが、本人のインタビューは人柄が出て、おもしろいですね。
原田はやっぱりサバサバしている印象がありました。写真も若かったな~原田。
  1. 2007/10/31(水) 13:07:50 |
  2. URL |
  3. narubi #aAKvMeeI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

無料カウンター