ニッチな独り言

アメ車、NASCARと愛車のPTクルーザー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発売されたノリックのビデオを見ました

ウィックから発売された阿部典史のレースビデオをようやく(汗)2本とも見ました。もちろんノリックの走りを見るために買ったのですが、それ以外にも思ったことをつらつらと書きます。

まず1994年日本GP。このレースはすごく印象に残っていたのでノリックが最後に転んだ時の実況とかもちゃんと覚えているつもりだったんですが、若干違いました。思っていたほどいっぱいは絶叫してなかった(笑)。

テレビ大阪の千年屋アナの実況と福田照男さんの解説、いいコンビですねぇ。今聞いても鳥肌が立ちますね私は。
千年屋アナはいわゆる絶叫系なのですが、この聞きやすさはなんだろうと考えました。
思うにただ叫んでいるだけではなく、合間合間にラップタイムやタイム差、順位をきちっきちっと読み上げたり、当時は放送されなかった予選やウォームアップの様子を混ぜて話をしたりと、視聴者がレース全体を把握できるサポートをしてくれること、そしてテレビを見ている人が彼の実況、絶叫に共感でき、興奮を共有できるからじゃないかなぁと思いました。この共感は、実況と解説の二人も本当にバイクレース好きだから醸し出せていたのかなと思います。またこのコンビでやって欲しいなー。

それからこの時代の500ccは、暴れるマシンを乗りこなす感じがしますね。ハイサイドもよく見かけるし、今のMotoGPマシンが簡単とは言いませんが、当時はよくこんなのを乗りこなしているなぁと思いながら見ていました。見始めた当初は、300km/hでお互いの肘と肘がぶつかりそうなくらい隣り合ったままフルブレーキングしたり、ワンミスですぐに大きく差が開いてしまったりと、バイクのレースは薄氷を踏むようなギリギリきわきわのところで行われていて、すごく緊張感があるなぁと思っていたのを思い出しました。

あと500ccにもプライベーターがいっぱいいて、グリッドの半分くらいは彼らが埋めていました。あまり上位に来ることが無かったので、レース終盤に周回遅れとして登場してトップ争いのキーになったことくらいしか思い出がないんですが(笑)、今見るとわりとそうそうたるメンバーが出ていて興味をそそられます。
当時は日本人ライダーが多かったこともあって、テレビ大阪でカート大会とかライダーからのプレゼントとかいろいろやってました。「いい人」眞子が脊髄パッドを視聴者プレゼントに持っていかれそうになって、「それは高いからだめぇ~」って言ってたのをよく覚えています。ライダー達は皆明るくて仲良しで、和気あいあいとして楽しそうでした。草レース的な色合いがまだ世界GPにも残っていた頃なのかなぁと思います。

次に1996年日本GP。ノリックはマルボロカラーのマシンにまたがり、ヘルメットの下から長髪をなびかせ、背筋がピンと張って腰を落とした独特のライディングスタイルで、途中からはもうずっと独走でした。かっこよかったー。

この年のルカ・カダローラはアーブカネモトのチームで、真っ白なNSR500に乗ってそれでも勝利を挙げたりしていました。最後までスポンサーがつかず、結局このシーズン以降、カダローラはあまりよいマシンでレースを戦うことはありませんでした。
このシーズンのカダローラのヘルメットはとってもカッコよくて、アライからレプリカも出ていました。イタリア国旗をかっこよくあしらってあってデザインはトロイ・リーだったかな?将来イタリアンバイクに乗ったら、垢抜けないアゴスチーニレプリカでも派手な最近のライダーのレプリカでもなく、カダローラレプリカにしようと思っていました。今でもごくたまーに見かけますが、ガン見してしまいます・・・。そういえば一時はたくさん見かけたドゥーハンレプリカも見なくなりました。

このシーズンはゲスト解説に美人ライダー楠夕子さんが出ていました。懐かしい・・・。このレースでは千年屋さん、福田さんとのやりとりもちゃんとかみ合ってました。私の記憶ではどこかのレースで数台のトップ争いの実況中に、現在のライダーの心境を聞かれた楠嬢が「今○○さんは落ち着いて走ってると思いますよ」ってコメントして、アツい千年屋さんと福田さんは「いやそうかもしれないけどたぶん○○は今最高にアツく燃えているはずだ!」みたいな実況をして、ぜんぜんかみ合ってなかったのを思い出しますなぁ・・・。それはそれで面白かったです。

他に出ているライダーは皆引退した人ばかりで、現役なのはバロスとカピロッシくらいでした。バロスはこの年第3戦まででランキングトップだったってのがすごい。この年のブラジルカラーのNSRもかっこよくて印象に残っています。

あとはジャン・ミッシェル・バイルも出てました。むかーし家の近所のガソリンスタンドで給油したとき、くじ引きでwowowのチューナーが当たったことがあります。その時は大喜びしたんですがあとから思えば全部当たりくじたったわけで、家に帰ってから思い直して解約しましたけど。
そのくじをやっていたお兄さんが元モトクロスのレーサーで、バイルの話をしたらすごく喜んで「彼は何に乗っても速くて、いくつものジャンルのレースでチャンピオンになってきた。WGPに参戦したときはもう歳だったからチャンピオンになれなかったけど、もう少し若い頃に出ていたらチャンピオンになれたと思う」とアツく語ってくれました。
あと、AMAスーパークロスが日本に来た時、そのお兄さんも参加しないかと声をかけられたんだけどスーパークロスはジャンプが高すぎて、怖くてやめたと言ってました。スーパークロスはNHK BSでやってましたが、当時はマクグラスが最強で少し見たけどすぐ飽きちゃいました。。。

ノリック以外のことばかり書きましたが、2レースともノリックの代表的なレースであると同時にWGP史上でも、エポックメイキングなレースだったと思います。
どちらも見始めてすぐ、もうノリックがいない事に思いがいって心がきゅーっとして、ちょっと涙がこみ上げてくる感じがしました。

彼は間違いなく、日本のバイクレースファンに感動を与えてくれたライダーでした。

何しろ日本人で世界グランプリ最高峰の日本GPを勝ったライダーは、彼しかいないのだから。
(追記)・・・って書いてたけどあと玉田誠がモテギで勝ってるじゃんな>俺。反省。


↓クリックが多いカテゴリはがんばってブログ書きます!
人気ブログランキングへ

テーマ:MotoGP 2007 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/12/26(水) 00:34:32|
  2. MotoGP
  3. | コメント:2

コメント

私もあのアナウンサー?コンビは好きでしたw
何年だったか・・・
雨の鈴鹿GPでワインガードナーが序盤に転倒w
半分潰れたシートカウルで再スタートして再度上位まで追い上げてきたレースがあったんですが、あのレースもおもしろかったなー
  1. 2010/02/16(火) 17:32:28 |
  2. URL |
  3. きら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ガードナーというと

半年近く放置してるブログにコメントいただき、感謝しております。
ですがすいません、WGPはシュワンツがチャンプ獲った年に見始めたもんで、ガードナーというとロスマンズ・ホンダというよりカストロール・スープラな私ですw

昔のレース、DVDでちゃんと売って欲しいですよね~
メモリアルなレースはたま~に発売されますが・・・
ウィックもアンケートとか取ったらいいのに。
  1. 2010/02/17(水) 21:45:08 |
  2. URL |
  3. narubi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

無料カウンター